会員専用ページ
ログイン
手打ち手延べ南関素麺
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

綾田製麺所代表 綾田 慎也

100%完全手作りの手打ち手延べ南関素麺を製造販売しています。
ぜひ一度味わってみてください。
rss atom
南関素麺の歴史
南関そうめんの歴史は、300年とも250年とも言われ、詩人の北原白秋も好んだといわれています。
このそうめんは、茹でても延びないほどの腰の強さと、シコシコした歯ざわりが特徴です。

江戸時代には、当時の肥後藩主が参勤交代の際には、肥後の土産として必ずこのそうめんを将軍家に献上されていたといいます。
明治中期には200を超える製麺所があり、すだれのように素麺を延ばした光景が多く見られたそうです。

現在では9軒の製麺所が昔と変わらぬ手法で完全手作りの南関素麺を作り上げています。 100%手作りの為、各製麺所ごとにそれぞれ特徴を持った味となっています。
また生産量も大変少なく、高価な素麺として知られています。
 歌聖 北原白秋が歌ったものに、

   『手打ち素麺戸ごと掛けなめ日ざかりや
                       関のおもてはしずけかりに』

   『掛けなめて玉名乙女がすきのばす
                        扇そうめんはながき白糸』
  とあります。